会社概要

会社概要


 ○社  名 :株式会社 興和測量設計
 ○本社所在地:熊本県熊本市北区改寄町2141-1
 
 ○営業所所在地:阿蘇営業所
          熊本県阿蘇市黒川145
         合志営業所
          熊本県合志市須屋2351-39
         宇城営業所
          熊本県宇城市小川町江頭244-2
         八代営業所
          熊本県八代市平山新町4463-4
                                人吉営業所
                                 熊本県人吉市下城本町1660-5
                                上天草営業所
                                 熊本県上天草市大矢野町上4156-1
                                福岡営業所
                                 福岡県福岡市東区箱崎5-11-3-801

  ○資本金   : 1,000万円
  ○設 立   : 1978年08月 (昭和53年08月)
  ○従業員数  : 28名 (平成28年04月現在)
  ○事業内容  : 建設コンサルタント業務
           補償コンサルタント業務
           測量調査業務、構造物診断技術業務、地理情報(GIS)業務

移転暦


    1978年08月~ : 熊本市新町1丁目にて開業

    1985年10月~ : 熊本市島崎2丁目に移転

    1997年01月~ : 熊本市改寄町に移転  現在に至る

所属組織及び組合


     (社) 日本測量協会員
     (一社) 熊本県測量設計コンサルタンツ協会員
     (公) 土地改良測量設計技術協会
     (社) 熊本県農業土木技術研究会員
     (協) 熊本県ジィー・アイ・エス研究会員
     iTECS技術協会員
     (協) 熊本県構造物診断技術研究会員
     熊本県中小企業家同友会員
     熊本県コンクリート診断士会 賛助会員

保有資格

   技術士(総合技術監理)      : 1名     インフラ調査士(コンクリート橋): 1名
   技術士              : 5名     インフラ調査士(トンネル)   : 1名
   技術士補             : 5名     一級土木施工管理技士      : 9名
   測量士              : 12名     二級土木施工管理技士      : 4名
   測量士補             : 6名     農業土木技術管理士       : 1名
   上級土木技術者                   林業技師(森林土木部門)    : 1名
    (土木学会 鋼・コンクリート) : 1名     水産工学技士          : 1名
   一級土木技術者                   2級ビオトーブ施工管理士    : 1名
    (土木学会 メンテナンス)   : 1名     Ⅰ種公共工事品質確保技術者   : 1名
   第2種技術検定(下水道)      : 5名     農村災害復旧専門技術者     : 1名
   RCCM(道路)         : 3名     iTECS技術者           : 6名
   RCCM(河川砂防)       : 2名     配筋探査技術者         : 2名
   RCCM(鋼構造及びコンクリート): 1名     地すべり防止工事士       : 1名
   コンクリート診断士        : 4名     環境プランナー         : 1名
   コンクリート主任技士       : 1名     防災士             : 1名
   コンクリート技士         : 4名     道路橋点検士          : 2名
   構造物診断士(一級)       : 1名     熊本県橋梁技術研修修了者    : 10名
   コンクリート構造診断士      : 1名     施工管理研修受講修了者     : 10名

社内設置事務所

  本社営業所 : (協)熊本県ジィー・アイ・エス研究会 事務局
        : 熊本県コンクリート診断士会 事務局


社内研修会(勉強会)

 ※資格試験への取り組み
 建設コンサルタントには必要不可欠な資格等が多々あります。本社におきましては、技術士をはじめとする有資格者が講師となり、定期的に研修会(勉強会)を実施しています。試験対象者以外の技術者も自己の知識向上のために積極的に参画し、スキルアップに取り組んでいます。


ページのトップへ戻る