地理情報システム(Geographic Information System=GIS)

地理情報システム(GIS)とは…

 

GISとは「Geographic Information System」の略で、米国空軍の軍事技術として開発されたものですが、日本では「地理情報システム」と訳され、カーナビゲーションのGPS(Galileo positioning system)やパソコンの地図ソフトで使われているように、先ずは民間からの普及となりました。

 




 具体的には、「地理的な位置を手がかりに、位置に関する情報を持った文字や数字、画像等のデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示して高度な分析や迅速な判断を可能にする技術」であり、緯度・経度や高さのみならず、人口やライフライン、土地利用、産業や観光スポットなど、多くの空間データがコンピュータ上で管理することが可能になって、同じ座標を持つレイヤー構造として階層化されますので、自由に組み合わせた表示や分析等が可能になります。

 一般的なGISには、動作させるための「GISエンジン」があり、それに目的別のアプリケーションソフトを選別した上で、各種の情報を入力して使用することになります。


GIS構築の目的には、省力化、共有化、効率化、正確化、迅速化等があげられますが、その目標には

 1. シュミュレーション(分析)
 2. 担当者間の情報の共有化
 3. チェック・検索時間の短縮
 4. 転記・計算ミスの軽減 (信頼性の向上)
 5. 住民サービスの向上 (到達目標) …等があげられ
    ます。

GIS構築の種類

 GISの構築の種類を大きく分けると簡易型、管理型、ワンストップサービス、統合型、発展型、応用型のGISになります。

 「簡易型GIS」は、特別なGISエンジンを利用せず、ExcelやAccessのデータベースを使って地図とリンクを張ることでGIS動作を実現するものです。

 「管理型GIS」は、GISエンジンを使って個々の業務(道路、下水道、地籍、橋梁管理など)によるシステム構築となり、エンジンとアプリケーションの機能を十分に活用できるため、情報の解析等が可能となります。

 「ワンストップサービスGIS」は、一度の手続きで必要とする関連作業を全て完了させられるように設計されたサービスで、行政における窓口業務で、いくつかの手続きを経て行っている業務を1回(転居時の手続きを1箇所 等)で行えるようになります。

 「統合型GIS」は、個々の業務で使われている基盤地図等を共通のデータとして使用し、個々の業務は各々のGISを使用します。このメリットとしては既存の資産が利用可能になり、データの重複整備を防ぐことにあります。以前までは全庁型GISでしたが、システムが大きくなり過ぎて融通性がないため、現在はほとんど構築されていません。

 当社は、「簡易型GIS」⇒「管理型GIS」⇒「ワンストップGIS」の構築をお勧め致します。

ワンストップサービスGISについて

 Microsoft ExcelやWordで作られた文書等をデータベースソフトであるMicrosoft Accessに入力するだけでも検索が容易となり、地図等に描かれた文字、点、線、面の情報とリンクさせることで「簡易型GIS」が構築されます。様々な定型書式を探す手間も省けますし、入力情報の重複もなくなって信頼度が向上します。

 特定業務のアプリケーションソフト機能を使いたい場合は「管理型GIS」を構築することになりますが、すでに情報はデーターベース(Access)に入力してありますので、情報の移行にも期間がかからず、日常業務にも支障を与えることはありません。また、各部署内の「管理型GIS化」が終盤を迎えたら、それぞれが管理している項目を「Oracle(オラクル)等のデーターベースに移行し、「統合型GIS」の構築へ向うことになります。

協同組合 熊本県ジィー・アイ・エス研究会

 当社は、平成13年(2001年)の創立から協同組合 熊本県ジィー・アイ・エス(GIS)研究会に所属しており、
県内市町村の庁舎等でデモンストレーションを行って、GISをアピールしております。

 ○2002年 阿蘇地域振興局 維持管理課 河川工作物調査簡易GIS
 ○2002年~2005年 法定外譲与申請業務 球磨村役場
 ○2005年~2006年 熊本県内 各森林組合 森林GIS構築(17森林組合中14組合)
  阿蘇森林組合、緑川森林組合、天草地域森林組合、菊池森林組合、鹿本森林組合、小国町森林組合、上球磨
  森林組合、球磨村森林組合、相良村森林組合、多良木町森林組合、中球磨森林組合、人吉市森林組合、山江
  村森林組合、五木森林組合
 ○2007年 熊本県森林組合連合会 森林GIS構築
 ○2008年 森林林班・小班編集ソフトの開発(研究会の大進コンサルタントと共同作業)
 ○2009年 熊本県庁森林整備課 森林計画図等修正(林班・小班修正)
 ○2010年 熊本県庁森林整備課 森林計画図等修正(林班・小班修正)
 ○2011年 熊本県庁森林整備課 森林計画図等修正(林班・小班修正)
 ○2012年 熊本県庁森林整備課 森林計画図等修正(林班・小班修正)
 ○2013年 熊本県庁森林整備課 森林計画図等修正(林班・小班修正)

 Microsoft ExcelやWordで作られた文書等をデータベースソフトであるMicrosoft Accessに入力するだけでも検索が容易となり、地図等に描かれた文字、点、線、面の情報とリンクさせることで「簡易型GIS」が構築されます。様々な定型書式を探す手間も省けますし、入力情報の重複もなくなって信頼度が向上します。

 特定業務のアプリケーションソフト機能を使いたい場合は「管理型GIS」を構築することになりますが、すでに情報はデーターベース(Access)に入力してありますので、情報の移行にも期間がかからず、日常業務にも支障を与えることはありません。また、各部署内の「管理型GIS化」が終盤を迎えたら、それぞれが管理している項目を「Oracle(オラクル)等のデーターベースに移行し、「統合型GIS」の構築へ向うことになります。

熊本県内の各森林組合様へ

 森林GIS(熊本版LiveFOREST)の操作マニュアルを掲載(PDF)しました。

ページのトップへ戻る